Philosophy

みんなの暮らしに、
あたりまえに「緑」がある。
人を取り巻く環境に、
そっと命を吹き込むために
SOLSOが
グリーンでできること。

1

一本でも多くの
グリーンを
増やし続けたい。

〈SOLSOの農園〉野生にある植物ではなく種や苗を植え、自らが育てたグリーンを提供したい。
SOLSOでは、淡路、沖縄、八丈島という全国3ヶ所の自社農園を保有、管理。
「供給するよりも多くのグリーンを育てる」
そんな毎日のルールを大切にしているのです。

一本でも多くのグリーンを増やし続けたい。 イメージ画像

2

緑という視点から、
都市の生態系を
考えるきっかけを作る。

緑という視点から、都市の生態系を考えるきっかけを作る。 イメージ画像

〈GREEN SCAPE〉働く場所や、暮らす場所「あたりまえ」にある、そんな場所だからこそ人を取り巻く環境を考えるフィールドにしたい。
都市にグリーンが共存し、積極的に交わるそんな状態を、次の「あたりまえ」にしたい。

3

街のランドスケープ
を緑で癒やしたい。

〈LAND SCAPE〉たとえばビルとビルの間、商業施設やランドマークの公共広場。
これまでコンクリートで固められた場所をそっと緑で塗りつぶしていくように。
人が集う場所を、空気ごと癒やしてくれるよう。

街のランドスケープを緑で癒やしたい。 イメージ画像

4

緑による
エデュケーション、
次世代への種まき。

緑によるエデュケーション、次世代への種まき。 イメージ画像

〈GARDEN SCAPE〉与えられた緑ではなく自ら育て、手を汚して育ててみる。
決して大掛かりではなくても、身近に植わった手作りのプランターこそがグリーンな未来を切り開いていく。
そして大人の手から、こどもたちの手に確かなバトンを渡していきたい。

5

地球視点により、
人にとって快適な緑を
アーキテクトする。

〈デザイン&設計プロセス〉今よりも10年、20年後。
最初に完成したときではなく、時が経過した未来の場所をいかに想像し、生きたデザインとなれるか。
SOLSOによる緑のデザインそれは、マクロとミクロ、両方の視点を切り替えて行う、動く空間のデザイン。

地球視点により、人にとって快適な緑をアーキテクトする。 イメージ画像

6

太陽、土、気候、
空気と向き合い、
持続可能な
グリーンを手がける。

太陽、土、気候、空気と向き合い、持続可能なグリーンを手がける。 イメージ画像

〈22の施工&メンテナンス拠点〉
手掛けた人が身近にいる。
グリーンを日々維持・管理するには、その土地の気候や風土に精通しいつでも駆けつけられる距離にそっといてくれる存在が大切。
東西にある川崎/尼崎のBASEを起点に計22のメンテナンス拠点で KEEP GREEN を推進します。

7

グリーンを
手に入れる場所、
誰もが自分に
帰れる場所。

〈SOLSOのグリーンショップ〉今日出会った緑。
キッチンやダイニングテーブル、書斎に置いたたったひとつのプランターから意識が少しずつグリーン方向へシフトする。
そんな小さなきっかけをアレンジする小さなグリーンショップを訪れてほしい。

グリーンを手に入れる場所、誰もが自分に帰れる場所。 イメージ画像

8

みどりの
話をしよう。

みどりの話をしよう。 イメージ画像

〈日本橋浜町 緑によるまちづくり〉まちとみどり。
ただ単に植栽を増やせば良いのではなくまちの人がいつもみどりの話をしている。
雨が少なければ心配し、花が咲く季節にはみんなで集い、また、みどりの話をする。
グリーンと食、そして環境コンシャスなあたらしい「みどり」の社会を描きます。

2

緑という視点から、
都市の生態系を
考えるきっかけを作る。

緑という視点から、都市の生態系を考えるきっかけを作る。 イメージ画像

〈GREEN SCAPE〉働く場所や、暮らす場所「あたりまえ」にある、そんな場所だからこそ人を取り巻く環境を考えるフィールドにしたい。
都市にグリーンが共存し、積極的に交わるそんな状態を、次の「あたりまえ」にしたい。

5

地球視点により、
人にとって快適な緑を
アーキテクトする。

〈デザイン&設計プロセス〉今よりも10年、20年後。
最初に完成したときではなく、時が経過した未来の場所をいかに想像し、生きたデザインとなれるか。
SOLSOによる緑のデザインそれは、マクロとミクロ、両方の視点を切り替えて行う、動く空間のデザイン。

地球視点により、人にとって快適な緑をアーキテクトする。 イメージ画像

8

みどりの
話をしよう。

みどりの話をしよう。 イメージ画像

〈日本橋浜町 緑によるまちづくり〉まちとみどり。
ただ単に植栽を増やせば良いのではなくまちの人がいつもみどりの話をしている。
雨が少なければ心配し、花が咲く季節にはみんなで集い、また、みどりの話をする。
グリーンと食、そして環境コンシャスなあたらしい「みどり」の社会を描きます。

3

街のランドスケープ
を緑で癒やしたい。

〈LAND SCAPE〉たとえばビルとビルの間、商業施設やランドマークの公共広場。
これまでコンクリートで固められた場所をそっと緑で塗りつぶしていくように。
人が集う場所を、空気ごと癒やしてくれるよう。

街のランドスケープを緑で癒やしたい。 イメージ画像

6

太陽、土、気候、
空気と向き合い、
持続可能な
グリーンを手がける。

太陽、土、気候、空気と向き合い、持続可能なグリーンを手がける。 イメージ画像

〈22の施工&メンテナンス拠点〉
手掛けた人が身近にいる。
グリーンを日々維持・管理するには、その土地の気候や風土に精通しいつでも駆けつけられる距離にそっといてくれる存在が大切。
東西にある川崎/尼崎のBASEを起点に計22のメンテナンス拠点で KEEP GREEN を推進します。